画期的なダイエット方法を思いついたので実践してみる

「無理せず」「努力せず」「怪しいこともせず」痩せたい

300円ダイエットに必要なお金

f:id:diet300:20180113171937j:plain

 

300円ダイエットに必要なお金はいくらでしょうか。

 

 

もちろん300円ですね。

当然ですね。

 

じゃあ必ず300円以内にしているの?と聞かれたら、答えはNOです。

 

 

大体300円台前半に収まる感じでやっています。

 

だって、そんなコンビニで計算するのめんどくさいし。

 

別にちょっとくらいオーバーしてもいいんですよ。

 

たかだか20円やそこらオーバーしてしまうから、という理由で、食べたいものを我慢して何になるんですか?

 

 

何よりも気をつけるべきは「食べる量」なので、ある意味では、食べる量さえ抑えられるんだったら、1,000円でも2,000円でもいいんですよ。

 

ただ、コンビニで買い物するという前提のもとでは、300円くらいが一番いいんです。

大体1〜2品くらい買える金額だから。

 

飲み物代は?

 

別会計というか別計算です。

一応、私の職場では給湯はできるので、耐熱紙コップと、緑茶のティーバッグを使って飲んでいます。

多分1杯30円くらいです。

 

伊藤園 おーいお茶 プレミアムティーバッグ 宇治抹茶入り緑茶 50袋

伊藤園 おーいお茶 プレミアムティーバッグ 宇治抹茶入り緑茶 50袋

 

 

コーヒーもネスカフェのレギュラーソリュブルってやつを愛飲しています。

これはコーヒーと砂糖とミルクが最初から入っていて、お湯を注ぐだけですぐに飲めるので非常に便利。

 

 

まぁ、こういうのを買って常備しているので、私は300円の中に飲み物代を入れていません。

飲み物を買わなければいけない方は、300円ダイエットじゃなくて飲み物代を含めた400円ダイエットにすればいいだけの話です。

 

で、私の場合はお昼にまず300円。

 

夜ご飯に300円。

 

夜食のビールとおつまみに300円。

 

1日合計900円かかっています。

 

自炊すればもっと安いのに、という意見もあるでしょうが、そんなのはいらぬ!!

 

なぜなら!

 

自炊したら「ご飯てんこ盛り」弁当ができてしまうからだ!!

 

安くて自由度が高い分、自分が食べたいものを食べたい分だけ作ってしまえるのがお弁当。

 

300円ダイエットにおいて、自炊はもはや敵ですらあります。(言い過ぎ)

 

もちろん、奥様方が健康を考えて作ってくれるお弁当があるなら、それが一番ですよ!

味が薄いからってコンビニでチキン買い足すんじゃねぇぞ!!

 

本題に戻ります。

 

このダイエット方法は当然ながら私に最適化していますので、私に都合の良いように作られています。

 

したがって、私の生活習慣は実は何一つ変わっていないのです。

 

変わったのは、コンビニで買い物する金額(と量)だけ。

 

ダイエットというと、軒並み生活習慣を変える必要があるイメージですが、300円ダイエットではそんな新しい生活を始める必要はないのです。