画期的なダイエット方法を思いついたので実践してみる

「無理せず」「努力せず」「怪しいこともせず」痩せたい

ダイエットとお酒

毎日毎日、1日も欠かすこともなく、休まず、必ず、

 

夜はビールを飲みます。

 

350ml缶で大体2本。もう少し飲みたいなーって時で3本。

 

わかっちゃいるんですよ。

 

よくないなって。

 

休肝日を作らなきゃとか、そういうことじゃないですよ?

 

ビール腹のことです。

 

最初にこの300円ダイエットを考えた時、お酒をどうしようか物凄く悩んだんですよ。

 

まず最初に考えたのは、お酒も300円以内で収める方法

 

300円で抑えようとしたら、「発泡酒か第3のビールを2本で300円」か、「1本+簡単なおつまみ」かのどちらかの組み合わせになるじゃないですか。

 

普段の2本+おつまみよりかは、確実に量が減っているからいいんじゃないのと。

 

でもねー、普段の300円ダイエットでは、「食べた!もう少し食べたい!でも我慢だ!」って自制が効くんですけど、お酒の場合は、

「飲みたい!飲みたい!飲みたい!」

なんですよねぇ。

アルコールって本当こわい。

 

私としては、アルコールの量を減らしたいのですが、減らそうと思うと余計飲みたくなるのはなぜでしょうか。

 

一応、完全にカットしようとか、代替品を見つけようとか、頑張りはしたんですよ。

例えば、代わりにお茶を飲むとか。

 

でも、そんなのでは解消されないこの喉の渇き。

 

冷蔵庫を開けると、そこにはキンキンに冷えてやがるアイツが。

 

この誘惑に、どうしても勝てません。

 

みなさん、どうしてらっしゃるんでしょうか。

 

 

というわけで、この300円ダイエット、お酒については以前と何も変えず変えられず、過ぎない程度に継続中です。

 

なんかいい方法が見つかれば、試してみてからご紹介できればと思います。

 

 

 

 

なんでも食べていいって言ったけど食べちゃダメなもの

コンビニに売ってるもので300円までなら何を食べてもいいというこの300円ダイエット、さすがに何でも食べていいわけじゃありません。

 

世の中そんなには甘くないのだ。

 

ありません、って言っても、私が勝手にこれは食べないでおこう、と決めているだけのものなので、絶対にあかんわけではないです。

 

以下リスト。

 

 

ペヤングの超大盛り

ご存知、ペヤングが2つ入っているだけの商品。300円以内で買えるが、買ってはダメ。

ペヤングが食べたいなら普通のペヤングにしよう。

私はUFO派なのでもともと食べません。

が、UFOでも大盛りは避けたいところ。

炭水化物を摂るなら、カウンターで野菜とかも合わせたい。

買うなら、UFOを1個、コーンサラダを1個の組み合わせで。

炭水化物オン炭水化物は避けていこう。

糖質制限ダイエットみたいに、炭水化物NGなダイエットでは決してありません。

果たしてそれが吉と出るか凶と出るか。

 

・菓子パン

甘い系のパンは避けていこう。

美味しいけど、避けたほうが無難なオーラが出てる。

よく、白パンはダメだとかいうけど、コンビニに並んでるパンなんてほとんど白パンだし、それを避けてちゃパンなんて選べないよ!ってなるので、明らかにシュガーレイズドだったり「油いっぱい使っといたよコレが食べたいんやろ?」的なパンさえ避ければOKということにしています。

ローソンに売ってるブランパン。

あれが一番いいんでしょうけど、あれがどうしても美味しく食べられないのでしょうがないということで。

 

・スイーツ

もともとスイーツには興味のない私なので、スイーツ食べたい!ってなることはほぼありませんが、疲れ切った時など、「甘いもの食べたいな〜」となることはあります。

でも、スイーツって基本的にシュガーとオイルという単体でも強いのにタッグ組んでるやつまであって、ダイエッター的にはあかんやつです。

なので私は、甘いもの食べたいモードの時は、迷わず、100円くらいで売ってるシュークリーム一択

なんかでダイエットにはシュークリームがいいよ、って聞いたことがある気がするんです。

「気がする」程度の情報を特に調べもせずに信じ切って実行しています。

スイーツ好きな人、ケーキ好きな人はどうしたらいいんでしょうね。

私は、好きなら、食べないことがストレスになるくらいなら、食べたらいいと思うんです。

ただし、一口食べてあとは捨てる。

もったいないですね。

でも、全部食べたら間違いなく腹肉の肥やしになるので、ギリギリ、エネルギーとして消化できそうな量で止めておけばいいと思います。

ケーキ一つが600円だとしたら、半分の300円分なら食べたらいいんじゃないでしょうか。

もちろん、もう半分も食べたいでしょう。

でもそこは、前のブログでもお伝えしましたが、食べてから我慢です。

全く食べられなくて、食べるのを我慢するよりはいいでしょう?

 

 

リストって言いながら、こんなもんしか浮かびませんでした。

ほとんどOKってことですね。

人によって食の嗜好は当然違うので、コンビニでも全く近寄らないエリアがあります。

もしこれを読んでようし私も試してみるかぁ!って思われたら、自分の好みに合わせて、手を出しちゃいけないゾーンを設定すればいいと思います。

 

やりすぎるとただの我慢大会になるので、そこは注意です。

 

あくまで、食べる量が問題なんですからね。

食べたいものを我慢するわけではありません。

 

ダイエットには目標が必要?

目指せ○○Kgとか。

目標を数値化するのは大切ですよね。

 

私はしませんけどね。

 

ダイエットで一番大事なことって、痩せることじゃないと思うんですよ。

 

いや、痩せるためにダイエットしたいってのはよくよくわかっています。

 

私だってもちろんそうです。

 

 

ですがね、体重も80kgを越したデブになってくると、痩せるよりももっと気をつけないことがあるんです。

 

それは、

 

これ以上太らないこと。

 

太らないってことは、現状維持か痩せるかどっちかしかないわけです。

 

まずは、太らないことを目標にしています。

 

5kg痩せて3kg太って−2kg。

 

ただ普通に生活して−1kg。

 

どちらがいいといえば、後者の方やと思うんですよ。

 

 

ただ、目標を数値ではなく、イメージで考えるのは大事だと思います。

 

私の場合は、とにかく服をスマートに着たい。

あと最近特に疲れやすいので、体力、筋力をつけたい。

 

体力筋力はともかく、服をスマートに着るなら、大体60kg前半くらいかな〜って感覚があるので、大体その辺が目標といえば目標です。

 

私は別に、「夏までに−10kg!」とかいうダイエッターではないし、仮に痩せたとして、痩せた状態をずっとキープしていきたいので、そういう意味で特に目標は設定しません。

 

体重が今より増えないこと。

 

まずはそこを大事に取り組んでいきたいと思います。

300円ダイエットに必要なお金

f:id:diet300:20180113171937j:plain

 

300円ダイエットに必要なお金はいくらでしょうか。

 

 

もちろん300円ですね。

当然ですね。

 

じゃあ必ず300円以内にしているの?と聞かれたら、答えはNOです。

 

 

大体300円台前半に収まる感じでやっています。

 

だって、そんなコンビニで計算するのめんどくさいし。

 

別にちょっとくらいオーバーしてもいいんですよ。

 

たかだか20円やそこらオーバーしてしまうから、という理由で、食べたいものを我慢して何になるんですか?

 

 

何よりも気をつけるべきは「食べる量」なので、ある意味では、食べる量さえ抑えられるんだったら、1,000円でも2,000円でもいいんですよ。

 

ただ、コンビニで買い物するという前提のもとでは、300円くらいが一番いいんです。

大体1〜2品くらい買える金額だから。

 

飲み物代は?

 

別会計というか別計算です。

一応、私の職場では給湯はできるので、耐熱紙コップと、緑茶のティーバッグを使って飲んでいます。

多分1杯30円くらいです。

 

伊藤園 おーいお茶 プレミアムティーバッグ 宇治抹茶入り緑茶 50袋

伊藤園 おーいお茶 プレミアムティーバッグ 宇治抹茶入り緑茶 50袋

 

 

コーヒーもネスカフェのレギュラーソリュブルってやつを愛飲しています。

これはコーヒーと砂糖とミルクが最初から入っていて、お湯を注ぐだけですぐに飲めるので非常に便利。

 

 

まぁ、こういうのを買って常備しているので、私は300円の中に飲み物代を入れていません。

飲み物を買わなければいけない方は、300円ダイエットじゃなくて飲み物代を含めた400円ダイエットにすればいいだけの話です。

 

で、私の場合はお昼にまず300円。

 

夜ご飯に300円。

 

夜食のビールとおつまみに300円。

 

1日合計900円かかっています。

 

自炊すればもっと安いのに、という意見もあるでしょうが、そんなのはいらぬ!!

 

なぜなら!

 

自炊したら「ご飯てんこ盛り」弁当ができてしまうからだ!!

 

安くて自由度が高い分、自分が食べたいものを食べたい分だけ作ってしまえるのがお弁当。

 

300円ダイエットにおいて、自炊はもはや敵ですらあります。(言い過ぎ)

 

もちろん、奥様方が健康を考えて作ってくれるお弁当があるなら、それが一番ですよ!

味が薄いからってコンビニでチキン買い足すんじゃねぇぞ!!

 

本題に戻ります。

 

このダイエット方法は当然ながら私に最適化していますので、私に都合の良いように作られています。

 

したがって、私の生活習慣は実は何一つ変わっていないのです。

 

変わったのは、コンビニで買い物する金額(と量)だけ。

 

ダイエットというと、軒並み生活習慣を変える必要があるイメージですが、300円ダイエットではそんな新しい生活を始める必要はないのです。

 

 

 

ダイエットにつきものの「我慢」

さぁダイエットするぞ!と思いながら、コンビニで買い物しようとしたとします。

 

あの新作弁当、美味しそうだな…

 

でもカロリーが高そうだ、我慢しよう。

 

おにぎりが食べたい。パンが食べたい。

 

カップ麺が食べたい。チキンが食べたい。

 

でも、糖質が気になるから、炭水化物は我慢我慢…

 

それって辛くないですか?

 

 

食べる前の我慢。

 

食べたいものを我慢。

 

 

めちゃくちゃ辛いですよね。

 

何より、そういうのを我慢して、別のものを買ったとして、食べたいものと違うからテンションが上がらないというか、美味しく感じなかったり。

 

せっかくの食事の時間がもったいない。

 

「300円ダイエット」では、発想が逆です。

 

食べる前に我慢、ではなく、「食べてから我慢」

 

おにぎりが食べたかったら、食べたらいい。

 

300円で買える範囲内だったら、好きなものを食べればいいんです。

 

ただし、300円では、コンビニではおにぎりを2つ買ったとしたら、それでおしまいです。

サイドにホットスナックのチキンはつけられません。

 

逆に、おにぎりとチキン1つずつでもいいでしょう。

多分、それで300円ちょうどくらいです。

 

それじゃ足りないよ?

 

足りなくさせるためにやってんだよ!

 

ここからが「300円ダイエット」のキモです。

 

普段はおにぎり2つとチキンを食べているあなたが、

おにぎり1つとチキンを買ってきたとしましょう。

 

ペロリと食べちゃいます。

 

当然、おにぎりをもう1個食べたいですよね。

 

ここを我慢!です!

 

 

えー結局我慢するんじゃん、辛いじゃん。

って思うかもしれません。

 

でも、

 

「おにぎりを食べたいけど我慢してサラダ」

 

と、

 

「おにぎり2つ食べたいけど我慢して1つ」

 

どちらがマシですか?

 

食べたいものをストレートに食べている方がよくないですか?

 

何より、すでにあなたは「おにぎり1つ」をすでに食べているのです。

 

お腹が半分くらいは膨れています。

 

おにぎり1つを食べ終わった直後は「もう1つ食べたい!まだ食べたい!」と言う欲求が大きいと思います。

 

そこから10分ほど待ってください。

 

「まだ食べたい!」という欲求はかなり薄れてきているはずです。

 

「まだ食べたい」は「もう食べた」に変わってくるんですね。

 

この10分くらいを我慢すればいいだけ。

 

 

私自身、最初はできるかなぁ?と思っていましたが、実際にやってみると余裕でした。

確かに、まだ食べたい、という欲求はあります。

 

でも食べるためには、またコンビニに行って買い物しなきゃいけない。

 

「さっき食べ物買ったばかりなのになんでまた買い物にきてんだこのデブ」というコンビニ店員の視線に耐えなければいけない。

 

この労力はかなりめんどくさい…

 

この労力を嫌うからこそデブなのであり、たったそれだけの買い物をめんどくさがるからデブなのであり、それがこのダイエット法ではいい方向に作用してくれます。

 

そんな労力をかけるくらいなら我慢するわ、と。

 

この「我慢」は食べたいけど食べない、という我慢に比べたら、はるかに軽微な我慢です。

 

あなたにも出来そうな気がしませんか?

しなくてもいいから、やってみてください。

ダメだったら食べよう!

 

 

「画期的なダイエット法」のルール

では、私が突如として思いついた「画期的なダイエット法」のルールをご説明します。

 

めっちゃ簡単です。

 

おそらく女性よりも男性の方が導入しやすいと思います。

 

忙しい人ならなお良し。

 

普段コンビニでしか食事していないって人なら完璧にハマります。

 

個人的に、普段コンビニでしか食事してなさそうな人でパッと思いつくのはHIKAKINさんなんですがどうでしょうか。

 

本題のルールですね。

 

それは、

 

「コンビニで買い物するときは300円まで」

 

めっちゃ簡単でしょう?

 

は?ふざけてんの?と思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

でもね、これ、すごい効果的なんです。

 

すでに始めて1ヶ月ほど経ちますが、全然辛くもないし、(多分ですが)1ヶ月で−4kgだし。

 

まずですね、300円でコンビニで食事を買おうと思ったら。

 

まず、弁当類は全て買えません

 

サラダでもなんでも、「量があるもの」はほとんど買えません。

 

必然的に、

 

おにぎり+サラダ

 

おにぎり+ホットスナック

 

パン+サラダ

 

カップラーメン

 

みたいな組み合わせでしか購入できません。

 

ダイエットするのにカップラーメン食べるやついる?って思われた方もいらっしゃるでしょう。

 

そんなのは気にしなくていいんです。

 

この「画期的なダイエット方法」改め、「300円ダイエット方法」では、食べるものの中身にまでうるさく言いません。

 

糖質制限なんてしません!(多少は含みますが)

 

なぜなら、最大の目的は、「食べる量を減らすこと」だからです。

 

例えばですけどね、カップラーメンが200円くらいだとして、500円の予算があったら。

 

後の300円でおにぎりとLチキも買ってしまうやん?

 

それを防げたらいいんですよ。

 

他にも細かいルール(と言うほどのものでもないルール)や効能など色々ありますが、おいおいご紹介していきたいと思います。

 

 

 

何でこんなに太ったの?

太る理由って、人によって様々だと思うんです。

 

で、痩せようって思う時に、「太っている現状」のことは考えても、「太った理由」ってあんまり考えなくないですか?

 

「太った」という結果しか見ないから、糖質制限だったり急な運動だったりを始めて、続かずに断念してしまう。

 

そういう時期が私にもありました。

 

やっぱり、太った原因をちゃんと考えなきゃあかんよ。

 

というわけで、考えてみました。

 

まず私は、仕事柄もあり、食事は基本外食です。主にコンビニです。

一般的には、ダイエットから一番遠い存在ですよね、コンビニ。

 

朝ごはんは基本食べずに、お昼頃コンビニで職場ご飯、夜になったらコンビニで職場夕飯、24時頃に帰宅し、ビールと共に夜食だったりおつまみだったりお菓子を食べたりして、2時頃に就寝するという生活が基本です。

 

通勤は車ですので、運動もほとんどしません。

 

太る要素でモリモリですね。

 

何より、食べる時間帯が悪い。

 

変に間食などはあまりしないのですが、夜ご飯を食べてから寝るまでの時間が絶望的に短い。

 

大体、毎日6時間睡眠ですが、寝ている時間の半分は食べたものの消化に当てられているような気もします。

 

道理でいつも寝不足なわけだ。

 

そして何より、何かを食べるときはお腹いっぱいになるまで食べたい派です。

 

例えばですけど、ラーメンを食べるとするなら、並じゃちょっと量が足りないかな〜せっかく食べるのに食べ足りなかったら嫌だな〜と思ってついつい「大盛りで!」と注文してしまう。

ご飯の小中大が選べる店なら条件反射のように「大」を選んでしまう。

 

原因どう考えてもこれやないかい。

 

食べる時間が悪いのは確かにある。

 

運動もしていない。

 

だがしかし、何よりも問題なのは、「食べ過ぎ」にあると思うのです。

 

 

よく、痩せるためには「摂取カロリー<消費カロリー」って言うじゃないですか。

 

ってことは、太った原因って間違いなく、「摂取カロリー>消費カロリー」になっているからですよね。

 

つまり、「食べ過ぎ」です。

 

私の生活では、「消費カロリー」が増えることは期待できません

運動したいという気持ちはありますが、まず無理でしょう。

無理というのは、単発的にはできても、継続的な、消費カロリーに影響するレベルの運動が無理ということです。

たまーに気が向いてランニングしたとしても、それが一体なんだというのか。

むしろお腹がすいて(運動もしたし、という言い訳も手に入れて)余計食べてしまいそうです。

 

 

であるなら!

摂取カロリーを減らすしかない!

 

つまり、食事制限です。

 

しかし、これをお読みになっている皆様と同様、辛いのはイヤだ!

我慢なんてしとうない!!

 

ここから、私は自分では「画期的」だと思っている「全然辛くないダイエット法」を思いついたのです。